・ビスホスホネート系薬やデノスツマブによる顎骨壊死。
・カルシウム拮抗薬やフェニトイン・シクロスポリン等による歯肉増殖。

これらは、歯肉炎などの炎症が口腔内にある事で発症リスクが高まり、
歯石除去・プラークコントロールなどを実施する事で予防できると知られています。

定期的な歯科検診がなされているか、
患者様に確認をしたり、歯科検診を意識を付けたりする事は重要であると思います。

特に、ビスホスホネート系薬の服薬指導の際、
「歯科にかかる際は服薬していることを伝達を」と指導しますが、
間違った認識となり、歯科受診から遠ざかってしまっている患者様もいます。

インスタグラムを使って、
「患者様が定期的な歯科検診を受けているか、確認した事があるか?」
アンケートを取ったところ、あると回答された方は26%でした。(全体で約150名から回答)

私の経験ですが、医師から定期的な歯科検診を指示されている患者様は少ないです。
薬剤師が、もっと積極的に声をかける余地のある部分ではないかと思います。

プロフィール

ゆー
性別
女性
最終ログイン
自己紹介
調剤薬局勤務のママ薬剤師です。
患者様とのよりよいコミュニケーションを目指して試行錯誤しています。
また、薬剤師ゆーの名前で、投薬のことをインスタ投稿しています。
よろしくお願いします!
保有資格
研修認定薬剤師

アクセスカウンター

1
今日のアクセス
3
昨日のアクセス
4039
総アクセス数

カレンダー

2021/6
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です