経口抗がん剤の中には、用量はもちろん、用法にも注意が必要な薬剤があります。
今回はEGFR変異陽性の非小細胞肺癌に使用される「タルセバを食間に内服する理由」についてのメモです。

【結論】
タルセバを食間に内服する理由は?
→高脂肪、高カロリーの食後に投与した場合、AUCが増加するとの報告があるから

 食事の影響
 健康成人20例にエルロチニブとして150mgを食後(高脂肪、高カロリー食)単回投与した時、
 空腹時投与に比べ、エルロチニブのAUCはほぼ2倍に増加した(外国人データ)。
(添付文書より)

重篤な副作用が発現する可能性があるので、必ず食間に内服いただいています。

 用法および用量
 通常、成人にはエルロチニブとして150mgを食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日1回経口投与する。 なお、患者の状態により適宜減量する。
(添付文書より)

朝食から高カロリーな食事を摂取するという人は少ないので、寝る前などに投与するよりも、起床時・朝食間がおすすめです!

経口抗がん剤は、自宅でのアドヒアランス・コンプライアンスが重要ですので、患者さんの生活習慣を確認し、なるべく負担にならないように服薬支援することを心がけています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

hossi
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
病院薬剤師として主に外来がん治療に携わっています。高齢化の進む中、医療はまさに日進月歩。薬剤師の仕事も対物から対人へとシフトしていることを実感しています。皆さんと知識や経験を共有し、多くの学びが得られたら嬉しいです。
保有資格
外来がん治療認定薬剤師、日病薬病院薬学認定薬剤師

アクセスカウンター

12
今日のアクセス
30
昨日のアクセス
14055
総アクセス数

カレンダー

2022/1
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です