がん手術時の腫瘍可視化に用いる「アミノレブリン酸塩酸塩」(アラグリオ、アラベル内用剤)は、光線過敏症を起こす薬剤や食品との併用は「禁忌」とされてました。
今回、「併用注意」に改定されたようなので情報共有です。

本剤投与から48時間は可能な限り光線過敏症を引き起こす薬剤や食品の投与を避けることが望ましいと記載されています。

この記載だと48時間以内は現行通り使用の際は併用注意の薬は避けてもらったほうが良いのか少し悩みますね。

参考:https://www.pmda.go.jp/files/000244332.pdf

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

yossi
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
クスリは反対から読むとリスクです。クスリに情報が加わると医薬品になると考えています。日常業務の情報を発信して行きたいと思います。
保有資格
日本医療薬学専門薬剤師

アクセスカウンター

73
今日のアクセス
280
昨日のアクセス
86343
総アクセス数

カレンダー

2022/7
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です