巷で話題になっているチャットGPT。
薬剤師にどう影響してくるのでしょうかね?

実際に使用してみた感想としては、
・医療者からの質問事項を調べるのに便利
・論文リバイスの参考になる
・研究アイデア出しに使える
などなど、、

活用次第では活かせることばかり!!

これまでは自分でグーグルなどに検索をかけて調べていたものを提案してもらえることはすごいことだなと思いました。
しかも超短時間で。
かつ、実際に試してもらえるとわかると思うのですが悪くない提案なんですよ、これが。
取捨選択や精度を高めるのはチャットしながらできます。


教科書や文献などの知識だけが豊富な薬剤師は代価されていくのかなと思う一方で、
アウトプットとして、情報として、出てこない経験値や体験などが豊富な薬剤師は今後は益々価値が高まるのかな?なんて思ったり。。

体験としての経験値を増やしていき、薬学的好奇心や興味が強い薬剤師、、、
になれると良いのかも知れませんね。


チャットGPTを活用した事例など教えてもらえると嬉しいです。
雑多な文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

yossi
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
クスリは反対から読むとリスクです。クスリに情報が加わると医薬品になると考えています。日常業務の情報を発信して行きたいと思います。
保有資格
日本医療薬学専門薬剤師

アクセスカウンター

93
今日のアクセス
259
昨日のアクセス
194000
総アクセス数

カレンダー

2024/5
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です