「立ったついでに、○○も取ってもらえる?」と、言われたら断りにくくないですか?

これは心理学マーケテイングの「一貫性の原理」を活用したテクニックです。
人は「言動に一貫性がある=信頼がおける人間」であると無意識に思っています。
そのため自分自身も一貫性がない人間、つまり信頼がおけない人間になりたくないと思い、行動に一貫性を持たせようと心理的に働きます。その原理を利用するちょっと意地悪(?)なテクニックです。

先ほどの例では、用事があって立ったのに、他の人の用事だけ断るのは一貫性がないとなるわけです。

具体的な活用方法はまず簡単な依頼をして「はい」を引き出すことで、次の依頼も承諾されやすくなるということです。
例えば、

営業「10秒だけお時間ください」
客「はい」
営業「無料なんで試食してみませんか」
客「(10秒だけ良いと言ったし、食べてみるか)はい」
営業「おいしいですか?」
客「美味しいです」
営業「もしよろしければご購入いかがでしょうか」
客「(美味しいと言っちゃったし)ひとつ買います」

こんな感じですね。
物販に力をいれたい場合、残薬を持ってきてもらいたい場合等、いくらでも応用がききそうな原則です。
どうしてもお願いしたい依頼は、
「小さな依頼」⇒「中くらいの依頼」⇒「大きな依頼」の順番で行うことを意識してみてください。

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

yonggon
性別
未設定
最終ログイン
自己紹介
薬局薬剤師です!
よろしくお願いします!
保有資格
研修認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 

アクセスカウンター

14
今日のアクセス
148
昨日のアクセス
67561
総アクセス数

カレンダー

2021/11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です