ジェネリック医薬品(後発薬)メーカーで不正が相次ぎ、2~3月に業務停止命令を受けた影響で、先発医薬品(新薬)に比べて安価な後発薬が全国的に不足している。鹿児島県の使用率は数量ベースで全国2位と高く、しわ寄せをもろに受ける。

 
 

 薬局関係者によると、小林化工(福井県)や日医工(富山県)の製造不正が発覚後、仕入れ先を変えようとしても製造元が出荷調整して従来の取引先を優先するなどし、必要量の確保が難しい。

 

 「この40年でここまで入荷できないのは初めて。必要な薬を提供したいが、ほとんどの薬局で賄えていない」。鹿児島県薬剤師会の上野泰弘会長(63)は戸惑いを隠さない。「同じ効能でもメーカーが変わったり、費用負担が増えたりと、患者は不安を感じるだろう」と懸念する。

 

 日本薬剤師会(東京都)の森昌平副会長(60)は「薬局で対処できる限界を超えている。供給状況が今どうなっているのか、今後いつ改善するのか。情報が欲しい」と切実だ。

 

 県内の薬局、卸業者は「品ぞろえが安定せず迷惑を掛けるが、患者や医療機関は現状を知ってほしい」と訴える。

 
https://news.yahoo.co.jp/articles/50409077b737222ae1af9ac1d7ff3045772e309b
引用元:南日本新聞
 

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

ヤクテラスPick UP News
性別
未設定
最終ログイン
自己紹介
ヤクテラスユーザーが編集部をしています!
業界紙ではなく敢えて一般メディアからの薬剤師・薬局に関するニュースを探していきます。
感じたことをコメントください!
異なる視点を持つ薬剤師さんにコメントを頂くことで、ニュースへの理解が更に深まるよう目指しています!
ニュースは題材、コメントがメインになれるように頑張ります!

アクセスカウンター

24
今日のアクセス
172
昨日のアクセス
111786
総アクセス数

カレンダー

2024/7
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です