薬剤師の勤務先と給料
薬剤師の給料については、令和元年に厚生労働省が出した「医療経済実態調査の報告」に詳しく書かれています。このデータを元に、薬剤師の勤務先別給料をご紹介します。なおこの数値は、平成30年度のものです。
・一般病院で勤務する薬剤師の給料
一般病院全体では、平均給料が444万9610円、平均賞与が113万7685円で、合計558万7295円となっています。・診療所で勤務する薬剤師の給料診療所全体では、平均給料が893万5216円、平均賞与が95万1422円で、合計988万6638円でした。
・保険薬局で勤務する薬剤師の給料
保険薬局全体では、薬剤師の平均給料が416万8633円、賞与が57万0292円、合計が473万8925円となっていました。なお管理薬剤師は、平均給料が676万3677円、賞与が75万4784円、合計が751万8472円と、おおむね1.5倍になっています。 保険薬局も、開設者が個人か法人なのか、また事業規模(店舗数)によってもばらつきがありました。

例えば開設者が個人であれば、平均給料が418万8209円、賞与が36万4476円、合計が455万2685円ですが、法人では平均給料が416万8284円、賞与が57万3958円、合計が474万2242円と年収で20万円程度の違いがありました。しかも店舗数が20店舗を超える保険薬局になると、平均給料が415万2427円、賞与が73万9042円、合計が489万1469円と、年収で35万円ほどの違いを生んでいました。
 

薬剤師の給料アップの方法
勤務先によって、給料に差が生じることをご理解いただけたのではないかと思います。では次に、現在の給料に満足できない、どうしても給料をアップさせたい場合、どのようにすれば良いかについて解説します。
・資格を取る
まずは、スキルを身につけ自分に付加価値をつけることです。認定薬剤師、専門薬剤師など、専門性の高い資格があります。これらの資格を取得すれば、どこの勤務先に行っても給料の基準が高く設定されていますので、総じて給料アップが望めます。
・昇進する
時間はかかりますが、管理薬剤師になるなど、職場内で昇進すると昇給します。そのために、職場内で信用を得ること、確実に与えられた仕事以上の成果を出すことが必要です。非常にオーソドックスですが、このような勤務姿勢はどこの職場でも好まれますので、自然と結果はついてくるでしょう。
・転職する
転職することで、給料がアップすることもあります。これは転職サイトなどで募集の内容を確認し、給料を目安に転職先を探すことで達成できます。しかし、通常ある程度のキャリアを求められること、あまり高額な案件は特殊な事情が場合もありますので、給料だけでの判断は注意しましょう。
・副業する
本業ではありませんが、薬剤師の資格を生かすことができる副業で収入を得ることで給料が上がります。これは薬剤師として職場を掛け持ちをしたり、薬剤師の知識を生かしたライター業務をしたりすると、隙間時間を有効に使えます。ただし管理薬剤師や公的機関で勤務する薬剤師は基本的に副業が禁じられていますので、注意が必要です。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2d7bf1d0512d31a2a28d62c24af29f10de622e0

引用元:フィナンシャルフィールド

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

ヤクテラスPick UP News
性別
未設定
最終ログイン
自己紹介
ヤクテラスユーザーが編集部をしています!
業界紙ではなく敢えて一般メディアからの薬剤師・薬局に関するニュースを探していきます。
感じたことをコメントください!
異なる視点を持つ薬剤師さんにコメントを頂くことで、ニュースへの理解が更に深まるよう目指しています!
ニュースは題材、コメントがメインになれるように頑張ります!

アクセスカウンター

22
今日のアクセス
31
昨日のアクセス
107108
総アクセス数

カレンダー

2024/6
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です