胃腸薬の第1選択と言っても過言がないのがこの半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

温める生薬・冷やす生薬・気を巡らせる生薬
がバランスよく配合されている


①テストやプレゼンや心配事・悩み事なんかでストレスがかかると胃腸の調子が悪くなる人
②暴飲暴食した人、もしくはあらかじめ食事をたくさん摂ることが予想される人
③辛い飲食物・冷たい飲食物で胃腸の調子を崩す人
④口内炎・口臭が気になる人


上記にあてはまる人は一度試してみてほしいです。

唯一の欠点は味が「苦い」こと黄連(おうれん)は特に苦みが強いです。

漢方薬の構成に黄連が含まれていれば味は「苦い」とすぐ判断できるくらい影響が強い

 

ワンポイントアドバイス

《胃腸の症状で処方》
独特な苦みが気を巡らせ、胃腸の調子を整えてくれます。生薬がバランスよく配合されているので、どのようなお腹の症状でも対応できる漢方薬です。

《口内炎で処方》
独特な苦みが炎症を鎮めてくれます。薬液を口に含んだ後、なるべく液が炎症部位に触れるよう意識しながらゆっくり飲んでみてください。

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

ワダコウタロウ
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
薬局薬剤師です。
日々業務の中で気付いたこと・感じたことを共有していけたらと思っています。新たな漢方薬剤師が誕生するよう願って「ワダ漢方」を発信していきます。
よろしくお願いします。
保有資格
研修認定薬剤師

アクセスカウンター

82
今日のアクセス
100
昨日のアクセス
57184
総アクセス数

カレンダー

2022/8
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です