よく問題となるのはイスラム教のブタ禁止。
ヘパリンを始め多くの薬剤にブタ由来成分が含まれています。
さらにカプセルの素材として使われていることも多く。注意が必要です。

東京北医療センターさんでは
牛豚原料含有薬品データブックを作成していて、お世話になっています。
https://www.tokyokita-jadecom.jp/theme-data/pdf/raw_materials.pdf

それから、医療現場でよく問題に挙がるのが、エホバの証人の輸血禁止。
手術の時など、生死に直結する輸血。
過去には裁判にもなっており、現場としては頭を抱える課題でもあります。

病院のホームページ上では宗教における輸血に対する対応ついて、あらかじめ掲示しているところが多いですね。

例えば東京大学医学部附属病院はこちら
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/yuketsukyohi/

宗教と薬・医療
いろいろと考えさせられます。

 

プロフィール

あべ
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
病院薬剤師5年目。
病棟専従の臨床薬剤師として、混合外科病棟、NICU病棟を担当。他に放射生医薬品の調製業務や看護大学の非常勤講師にも従事。
保有資格
日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師、日病薬病院薬学認定薬剤師、医療経営士(3級)、小児薬物療法認定薬剤師

アクセスカウンター

3
今日のアクセス
9
昨日のアクセス
2928
総アクセス数

カレンダー

2021/4
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です