BGM代わりのテレビから「あざとい女」をテーマにした放送が流れていました。
田中みな実さんが、あざとさの技術について、分析と応用と…。
なんか素敵だな。と、聞き入ってしまいました。

きれいな女性であることもそうなのですが、分析と技術と努力と、それを自分のものにしているところとか。情熱大陸か?と思ったけど、違いました。

「あざとさ」という、技術がとても気になり、電子書籍で「あざとい」で検索してヒットした本を数冊、連続して読みました。

「相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳」気くばり調査委員会

「その恋を一気に動かす37の知恵 結局、男って「あざとい女」に弱いんです。」山田周平

この2冊は、大変勉強になりました。翌日から、使える技がいっぱいです。

そう!俺が。

20代の時に住んでいた町の市内4つの図書館のモテ本を、すべて借りて読みまくった私がおすすめです。

対 患者さん
対 上司
対 同僚
対 他社の人、他職種の人

いろいろ使えると思います。
無意識にできてる人も、あえて意識することでタイミングを図って効果的に「あざとく」なれます。

感謝を伝える
「〇〇さん、ありがとう」と相手の名前を添えて感謝を伝える
名前を添えるだけで、ワンランク上の「感謝」が伝わる

伝えるときは。きちんと相手の顔をみてくださいね。

だそうです。していると思いますが、技術ですよね。

このメモを見た人がよく見ているメモ

プロフィール

もりった
性別
男性
最終ログイン
自己紹介
2001年4月に薬剤師になって、ずっと薬局薬剤師をしている、昭和53年生まれです。
2013年から東京都下で小さな薬局をしています。
集中率20%弱の門前不在の薬局をひっそり。
在宅医療や地域での連携を時間を作ってやってます。

小児薬物療法認定薬剤師も持ってたけど、更新を忘れて失効してます。(また取らなきゃ)
保有資格
認定実務実習指導薬剤師

アクセスカウンター

8
今日のアクセス
94
昨日のアクセス
44853
総アクセス数

カレンダー

2023/2
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

アーカイブ

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です